• 株式会社スズマサ

苗づくり・定植、ニンジン蒔き直し、ナス・オクラ収穫

台風一過の29回目の研修です。

台風はそれましたが、思いのほか風が強く、冬至カボチャの葉っぱはネットとこすれてずいぶん痛みました。

キュウリも実がこすれたり、オクラは斜めになっています。


秋冬野菜の苗づくり、定植を進めています。

ハクサイ苗は36株つくりましたが、4株は虫に食われてダメになりました。

苗に空いた穴は虫食いです。結実しないため定植せず処分します。

殺虫剤を使っていますが、コナガの成虫、幼虫を発見しました。


私が取り組んでいる実践栽培用の苗づくりは、壊滅的です。

苗づくりの難しさを学ぶことも研修の一環ですが、残念でなりません。



定植した苗です。

農薬の使用回数を減らすためにネットをかける方法もありますが、ネットや支柱の費用・かける手間に加え、除草するときにはめくらないといけないなど、販売するにはコストが合わないということを体験するための畝を1班が作成していました。


遅まきのニンジンの芽が2週間たっても発芽しないということで蒔き直しです。

苗もそうですが、「見切る」ことは農業にとって大事な判断。


火曜日に販売実習が行われるため、サツマイモ3株、サトイモ4株を収穫しました。

写真はサトイモですが、茎の大きさの割にはイモが少ないなぁ。