• 株式会社スズマサ

水やり、オクラの片づけ、落花生収穫片付け、ハウス内は種

日に日に秋が深まってきました。

受講生の中にはダウンを着てきた方も。

36回目の研修です。


実践栽培研修の畑の判定会が月曜日に行われました。冒頭、先生から「D判定(失格)はないのでみなさん無事に卒業できます」と。

そして、ニンジンを1本抜いて持ち寄って、比較してみましょう。ということで、各自実践栽培研修の畑かたニンジンを1本抜いてきました。


左:私の畑から抜いてきたニンジン。まだ小さいですが、スラっとしています。

中:私の実践栽培研修の畑のニンジンの畝、200粒撒きました。発芽は7割くらいでしょうか。

右:みんなで持ち寄ったニンジン。黒っぽい品種を育てている人、発芽して間もない人、先端の成長が止まりずんぐりした人。まちまちです。


さて、作業は成長の終わったオクラの撤去、ラッカセイの残りを収穫してマルチ剥がしからスタート。


根っこやマルチを取ってロータリーをかけておきます。


10日以上雨のない日が続いています。天気予報では、来週の火曜日まで雨予報はありません。

路地の秋冬野菜の水やりを行いました。ダイコン、ハクサイ、ブロッコリーに約200リットルです。

ハウスの中のミニトマト、パプリカにも散水。株元のマルチを浮かせてホースを入れて1株約10秒水を入れます。


最後にハウスの中でミズナ、コマツナ、チンゲンサイのは種を行いました。

土がカラカラに乾いていたのでホースで散水してロータリー、管理機、レーキで畝を立てます。


作業は他にもネギ、サトイモ、ナスの収穫を行いました。

今日の収穫物です。

ミニハクサイは初収穫。