• 株式会社スズマサ

栽培記録の配布、スイートコーン・スイカほ場土壌改良、ダイコンマルチ張り、春ニンジン元肥撒布、畝立て練習

2月11日(金)が祝日のため、51回目の研修は先週に引き続き2/9水曜日でした。


最初に栽培記録をまとめた資料をいただきました。

研修を受けるごとに講師の先生がつけてきた記録です。

99ページもあります。1年間かかていろんな作業を学んだことがまとまっています。

目次とスイートコーンの栽培記録です。

スイートコーンは、春、春遅まき、秋、秋遅まきの4回。

1年間で育てた作物は、時期をずした同じ品種も数えると46品目となります。

実践栽培研修を行う際の貴重な資料です。


本日の研修は、盛りだくさんですが、人手が多いので担った作業はほんのわずか。

スイカを植える場所にようりんを散布しました。

ここは昨年はメロンを育てたところです。



ブロッコリーとホウレンソウがようやく収穫できました。

ブロッコリーは大きいものだけ選んで収穫、ホウレンソウは日差しの影響か西側が大きく東側が小さく育っているので西側半分を収穫しました。


ネギも収穫しました。

17期の方が育てていたもので、卒業し残っていたものをおすそ分けです。


1月14日に管理機の使い方を勉強した後に畝を立てる練習ができず、ようやく実施。

4名で手分けして畝幅70cmの畝を立てました。

メジャーで測量しメジャーの上を歩いて目印をつけ、管理機で起こして鍬やレーキで形を整えます。


完成した畝です。

少し曲がっていますが、合格点をいただきました。


足元を見ると、タンポポとオオイヌノフグリが咲いていました。

春はもうすぐそこ。