• 株式会社スズマサ

夏野菜とエダマメ収穫、ニンジンとスイートコーン土寄せ、秋冬野菜土壌改良、ブロッコリー、玉レタスは種


雨は11時くらいにやみましたが、今度は暑さが大変でした。

農ライフの研修27回目でした。


夏野菜の収穫と秋冬野菜の準備であわただしい研修となりました。

秋冬野菜は、種まきが1日遅れると3日収穫が遅れるそうです。

研修は、1週間に1度。今日の種まきを来週に回すと7×3=21日遅れる計算です。

そうすると霜が降りたり寒波が来たり。収穫はもっと遅くなったり、収穫できなくなるかもしれません。

夏、暑いからと怠けてないで、適期には種することが大切です。


いつものようにナス、キュウリ、ピーマン、オクラ、トマトの収穫からスタート。


先週、収穫してずっと雨だったせいか、鈴なりです。

1つの枝から4~5本、ナスは4方向に誘引しているので、1本の木で20個くらい収穫できます。


今日はエダマメも収穫しました。

2~3日前に強い風が吹いたということで、スイートコーンがバラバラな向きに倒れています。

放っておいても自然に立ち上がりますが、今回は土を寄せて立ててあげました。


ニンジンです。

可食部が土からずいぶん伸びているので、ニンジンも土寄せします。


草刈り(削り)用のカマで土を寄せます。

雨でニンジンが倒れて、糸のような苗を起こすのは神経を使います。

ブロッコリーと玉レタスのは種。

ブロッコリーはフラグポット200穴にエンデバーという品種を80粒、玉レタスはペーパーポット128穴に極早生シスコを128粒。


このほかにもスイカとメロンを育てていたところに、土壌改良剤のようりんと土壌消毒のネビジン粉剤というのを撒きました。


今日の収穫物です。