• 株式会社スズマサ

メロンの摘芯、レタス定植、スイートコーンの寒さ対策、ナスのマルチ張り

農ライフの研修7回目でした。


メロンの摘芯やカボチャの施肥の方法について座学で学びました。

明日の予想最低気温が1度。4月7日に1班が植えたスイートコーンに寒さ対策を追加の作業として行います。


レタス苗は、タネが古かったようで、発芽がばらばら。

野菜の種類によって発芽率の下がり方は異なるそうです。


品種は、シスコ(玉レタス)とレッドファイヤー(リーフ)です





















メロンがぐんぐん成長しています。


5~6節残して芽を手でちぎります。

かわいそうな気もしますが、子つるを2つ残して4果採るのが目標です。

たくさん実をつけると、小さくなり糖度も上がらないとか。






















明日の最低気温が1度との予想で、寒さ対策に寒冷紗をかけました。

5度を下回る場合は、寒さ対策をやったほうがいいとのこと。

寒冷紗が風であおられて苗が痛まないように、苗が横に倒れますがしっかりと張ります。












ナス用のマルチを張りました。風が強いので気を付けてと先生の注意を受け、張ったのが右側。

左側は先週張ったマルチです。

腕があがったか、チームワークがよくなったか(笑)

先生からも完璧!とおほめいただきました。













3月19日に定植したジャガイモ(男爵)が発芽していました。





















(おまけ)

レタスの苗が少し余ったので、事務所の畑に定植しました。