• 株式会社スズマサ

イチジク管理、夏野菜収穫、ミニトマト管理、畑の観察

蒸し暑い中、28回目の研修です。


今回もいつものように、イチジクと夏野菜の収穫からスタート。

お盆を超えて少し涼しくなったせいか、夏野菜の収穫はそこそこ、イチジクはたくさん。

イチジクは真っ赤になったものを収穫します。「収穫に迷ったら残す」のがよい判断。

サビ病が出てきたので、殺虫剤と殺菌剤を噴霧しました。


1回目のニンジンは順調に育っています。

2回目には種したニンジンも芽吹きはじめました。次の研修でワラを取ります。

定植したブロッコリーやキュウリネットを利用したカボチャも順調。

ヤマゴボウも芽吹き始めました。


ネットをかけているブロッコリーは、減農薬で栽培します。

ネットをかけると害虫の防除はできますが、経費がかかり販売するにはコストがあいません。

自家用程度ならやれます。

ただし、虫は防げても病気(黒ぐされ、軟腐病)はどうしても薬が必要になってきます。



この他に、ミニトマトのつるを下げる作業を行いました。