• 株式会社スズマサ

ひたすら土壌改良

49回目の研修は、朝は寒かったものの、時間がたつにつれて春の到来を感じるような日差しになりました。


研修は、土壌改良です。

いつもは、スコップ、レーキ、一輪車でたい肥を広げますが、今回は軽トラが入れる場所なので、たい肥を荷台に積んで、軽トラの荷台を上げながらたい肥を落としていきます。

1回に運ぶ量が多く、広げながらの作業なので、これまでよりずいぶん楽になりました。


赤茶色は馬ふんたい肥です。


そろそろブロッコリーが収穫できそうと向かったのですが、まだ小さくもう1週間待つことにしました。

1班(水曜日)のブロッコリーは収穫済みで、「秋冬野菜は1日作付けが遅れると3日収穫が遅くなる」と夏場に学んだことを思い出しました。